*きよみのアンティーク*ブログ

【New】 5月22日入荷予定品

こんにちは、店主です

今日は、5月22日に入荷を予定しております時計を2点ご紹介させて頂きます。

後ほど自社サイトのトップページに商品ページへのリンクをアップ致します
(*販売は5月22日となります。)

まずはこちらのハミルトンから

コンディション、大変良いです!
文字盤の雰囲気もラグのデザインに似合っており、とっても可愛いです!!

小さなケースですが、全体的な雰囲気は
ハイジュエリーにも負けない高級感ですよ。

ラグの作りも大変丁寧で美しいです。

両サイドの大きなダイヤモンドは、ベゼルセッティングを
ポンと乗せても雰囲気に大きな違いはなかったと思いますが、
くるりとダイヤモンドを巻き、巻いた先は斜めに葉っぱに繋げております。
本当に丁寧にデザインされ作られており、感心いたします。

葉のデザインは、カクテルウォッチに限らずジュエリーや
ブローチなど宝飾にも用いられ、この時代に好まれたデザインです。

当店でもカクテルリングなどでご紹介しておりますので、
合わせてご着用頂くと、その当時の雰囲気が楽しんで頂けるかと思います。

近日中ですと、下記が入荷予定です。

似合いますよねぇぇ
時代が近いと、雰囲気が揃ってとっても可愛いですよ

そして2本目はジュベニアです。

久しぶりのジュベニアの入荷です。
5年以上ぶりだと思います。

前回はジュベニアの代表的デザインのスケルトンをご紹介したのですが
今回はドレスウォッチです。

日本では馴染みの少ないブランドですが、創業は1850年で
スイス時計界の屈指の老舗時計メーカーです。

美しい機構や、技術力を高く評価されるジュベニアですが、
元々ジュエリー時計を得意としたメーカーですので
ケースの美しさやデザイン性の高さも持ち合わせたメーカーです。

今回は店主の大好きなダイヤ巻きのデザインです

ラウンドのダイヤ巻きは多くのメーカーが作っておりますが
こちらはダイヤモンド1粒1粒を高い爪で留めた珍しい作りです。

キュレットが見えるほど高い爪ですので反射はとても明るいです。

当店では珍しい18金ケースです。
フランスは日本と同じく昔も今も18金が主流なので
時計ケースも18金で作られる事が多いのです。

アメリカは14金、イギリスは9金が多く
国によって色の好みも違う様です。

ラグの側面の凹みは傷ではなく、素材刻印です。
刻印が薄くなっており、上手く撮れておりませんが
フランスケースらしく女神の横顔が刻印されていると思われます。

ラウンド型のダイヤ巻きは小さく可愛いので、お勧めですよ。
ケースは直径1.5cmしかなく、アンティーク時計にしかないサイズ感だと思います。

現行品でも近頃は、小さく可愛いサイズを見かけますが、
そちらと何が違うかと言うと一番は質感かと思います。
ジュエリーがメタルメッキと金無垢では違うのと同じ感じだと思います。

もっと具体的な違いは、ころりとした厚みです。

クオーツより組み立てるパーツが多いので厚みがありコロンとした印象になります。
シンプルなラウンド型ほど、それが目立つので可愛いですよ

お値段は8万円(税別)でご紹介する予定でおります。
このケースのJUVENIAとしては大変お買い得だと思います

ハミルトンもジュベニアも商品ページでは
沢山の写真でご紹介しておりますので、
是非、月曜日にHPを覗いてくださいませ
*************************

実店舗:横浜駅より2つ目、関内駅1分
(写真をクリックすると地図が表示されます)
*ご来店の際は事前にご予約を頂いております。
予約はお気軽にどうぞ→ job@bj9.so-net.ne.jp
ネットショップは→  こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です