*きよみのアンティーク*ブログ

【New】 1月22日入荷予定品

こんにちは、店主です

本日は、来週入荷予定の品を3点ご紹介いたします。

後ほど自社サイトのトップページに商品ページへのリンクをアップ致します
(*販売は1月22日となります。)

まずはこちら。

アールデコのプラチナケースのハミルトン

プラチナケースは変色が無いので、いつまでも真っ白です。
1960年代のケースでも若干の変色があると言うのに、
30年も先輩なのに真っ白でプラチナの凄さを毎度痛感します。

文字盤は販売時とは違うと思います。
長く作られたキャリバーですので、修理パーツも多く
汚れた文字盤を交換した際に、その当時の文字盤にしたのだと思います。
このデザインですと1950年の文字盤だと思います。

下記は同じキャリバー番号の時計で、販売当時の雰囲気は
この様な感じだったと思います。

上記の様な古いデザインも付けられますので、
ご希望でしたら、いつでもお気軽にご相談ください。
かなり雰囲気が違いますので、違う時計になった様な
新鮮さを感じられると思います。

そしてこちらは、純銀製のブレスが着いております。
こんなに華奢な銀ブレスは珍しいと思います。

通常、銀製のブレスは金無垢では高額になって作れない様な、
豪華なデザインが多いので、パッと見で分るのですが
こちらは殆ど分からないと思います。

雰囲気は金無垢と変わりませんが、お値段は相当違いますので
素材に拘りがなければ、とってもお薦めですよ。


そして2本目はこちら。

写真ではサイズ感が分かり難いですが、
とても小さなサイズです。

全体のサイズは通常のカクテルタイプと同じです。
1本目のハミルトンとほぼ同じなんです。

以外ですよね
2504-2554

全体のサイズは同じですが文字盤のサイズは大きいので、
視認性は良く実用的です。

そして、商品ページで少し触れた竜頭ですが、
なんと裏側に刻印があります。

初めて見ました。
「アタシ、ロレックスです!!!」と、もっとグイグイ前に出てもいいのに。
奥ゆかし過ぎる

ロレックスを得意とする時計士さんも初めて見たとの事で
写真を沢山撮っておりました。
で、一枚頂きました。
こちら

1930年代の品は、年間でも数えられる程しかご紹介出来ないので、
古い雰囲気がお好きな方には、とてもお薦めです。

ムーブメントもアンティークロレックスの中ではメジャーですので、
修理の際に困る事のないキャリバーです。

実はこの年代のロレックスはオープン11年目で初めてなんです。
修復がや維持が難しい年代なので・・・。
でも、こちらは時計士さんと相談しながら入荷しましたので、
安心のロレックスですよ


そしてジュエリーはこちら

アンティークではないのですが、あまりに可愛いく
価格もお手頃だったので仕入れました。

お安いですが、作りはとってもしっかりしていますよ!
きっとこのお値段では見つけられないと思います。

可愛いのでショーウィンドウのど真ん中に飾っております
お近くの方は是非、覗いてみて下さいませ。
自然光でも、ふんわりキラキラしていて可愛いですよ

**********************************

実店舗:横浜駅より2つ目、関内駅1分
(写真をクリックすると地図が表示されます)
*ご来店の際は事前にご予約を頂いております。
予約はお気軽にどうぞ→ job@bj9.so-net.ne.jp
ネットショップは→  こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です