*きよみのアンティーク*ブログ

【New】 2月5日入荷予定品

こんにちは、店主です

本日は、来週入荷予定の品を3点ご紹介いたします。

後ほど自社サイトのトップページに商品ページへのリンクをアップ致します
(*販売は2月5日となります。)

まずはこちら、オメガです。

当店は50年代のカクテルが中心なので
傷も変色もキレーーーーイに修復してしまうのですが、
この年代は手を加えない方が美しい品も多いです。

こちらのオメガも、アンティーク風に作られる時計の
見本となる様な経年劣化です。

全ての時計がアンティークらしいアンティークになる訳ではなく、
一部が偶然にこの様に美しい経年劣化をします。

もしも、傷みが気になるようでしたら販売当時と同じ様に
ピカピカに修復も可能です。

リダン(文字盤再製)は15000~20000円位ですので、
リダンを考慮してもお買い得だと思います。

でも、個人的にはちょっと勿体ない様な気が・・・。
こちらはムーブメントの製造番号からみて1919~1920年製と思われます。
約100年の時を経て出来た経年劣化は、真似て作られた品とは違う美しさがあります。
写真では上手く伝わらないのが残念なのですが・・・。

是非、実物を見てからリダンをご検討頂けたら嬉しく思います。

店舗のショーウィンドウに飾っておりますので、
お近くの方は是非覗いてみて下さいませ


そして2本目はこちら。
アンティーク ロレックス レディース

真四角の小さなロレックスです。

コンディションは大変良いです!

文字盤に書かれたPRECISIONは、「精密」と言う意味ですが
ロレックスでは機械式を指して使われております。

クオーツには使われない刻印で、高級ラインを意味しております。

キャリバー(機械)は、ロレックスのレディースアンティークで最も有名な
カメレオンと同じキャリバーが乗っております。
現存するパーツも多いので、修理の際に困る事の少ないアンティークロレックスです。
長く愛用する為には、とてもメリットの多いキャリバーだと思います。

写真ではシンプルで「案外・・・普通ね」と思われるかと思いますが
実物はとっても可愛いですよ。
現行品のロレックスにはないサイズ感と、可愛らしさです。
文字盤のカラーも銀と金の中間の様な上品な色味です。
放射状に柔らかく反射し、高級感がありますよ

ロレックスとしては大変お安いですし、1本あると重宝するデザインですので
とってもお薦めですよ


最後は、こちらのオメガです。

当店ではご紹介の少ない18金ケースです。
日本では馴染みの深い色味だと思います。

インデックスは角度により、ほんのりピンクっぽくも見えます。
この色味の違いはアンティークらしくてお薦めです。
インデックスを磨くとケースと同じ色味(又は少し淡い色)になると思うのですが、
このままが断然お薦めです

針はドルフィン針です。

鋭利な三角のデザインなのですが、レディースはケースが小さいので
ちょっぴりポテっとしており「可愛いなぁ」といつも思います。
レディースの中では店主お気に入りの針です。
(メンズでもたまにこの比率を見かけますが)

ドルフィン針と言うと、一般的には↓こんな感じでしょうか。
メンズもカッコ良いですよね
dolphin

あと、裏蓋が丸いのも店主的にはお薦めです。
こちらは1955年辺りの品なのですが、時代が現代に近づくと平らになり、
70年代にはほぼ丸みはなくなってしまいます。

アンティークらしい温か味のあるケースなので、
長く愛用する1本としてお選び頂くにお薦めですよ。

*********************

実店舗:横浜駅より2つ目、関内駅1分
(写真をクリックすると地図が表示されます)
*ご来店の際は事前にご予約を頂いております。
予約はお気軽にどうぞ→ job@bj9.so-net.ne.jp
ネットショップは→  こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です