*きよみのアンティーク*ブログ

コロンとアンティーク風防

こんにちは、店主です

商品説明の中でよく「コロンとしたアンティークらしい風防ですよ」と
書かせて頂いているのですが、『伝えきれていないのではなかろうか・・・』と思い、
今日は様々な角度の写真をご紹介します。

近頃では現行品でもアンティークの様なダイヤモンドエッジの風防や
厚みのある風防も見かけますが、アンティークばかりを見てる店主には
どこか完璧すぎる様に思います。

アンティークの風防は反射の仕方も様々で、
同じナンバーのデットストック新品でも僅かに大きさが違う事もあります。

不出来と捉えるか、暖かみと捉えるかは個人差ですが
現代の風防にもアンティーク風防にも、どちらにも良さはあると思います。

こちらは、当店でもよく取り扱うカマボコ型の風防です。
「コロンと飴玉の様な」と説明を書く事が多いのですが、
実際は飴玉と言うよりは水飴の様な反射です。

角度によっては、針やインデックスも「ぐんにゃり」と曲り
とても可愛らしいんです

厚みはこの位↓です。
カマボコ型の平均的な厚みだと思います。

ケースのデザインも重要ですが、風防でも印象が大きく違います。
特に側面からの印象や反射はケース以上に目を引く事もあります。

傷が付くと傷以上の大きさで影が文字盤に落ち、
ケースの小傷以上に目立つ事も多いです。

小さなパーツですが、アンティーク時計では
外観の印象を決める重要なパーツだと思います。

また機会があれば、次回はフラットの厚みのあるタイプや
ダイヤモンドエッジの風防などもご紹介しますね

実店舗:横浜駅より2つ目、関内駅1分
(写真をクリックすると地図が表示されます)
*ご来店の際は事前にご予約を頂いております。
予約はお気軽にどうぞ→ job@bj9.so-net.ne.jp
ネットショップは→  こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です