*きよみのアンティーク*ブログ

ジラール・ペルゴ GIRARD-PERREGAUX

こんにちは、店主です!

今日は時計店らしくブランド説明を。

ジラール・ペルゴについて。

設立は1791年、言わずと知れた老舗中の老舗ブランドです。

トゥールビヨン等の複雑時計も作れる
スイス屈指のマニュファクチュールです。

マニュファクチュールとは部品の1つ1つも自社生産が
可能なメーカーを指します。

高級時計とされるブランドでも、その殆どがマニファクチュールではありません。

部品は部品メーカーにて外注生産をするのが通常です。

マニファクチュールを謳えるのは、高い技術力を持った
極々わずかなブランドのみなのです。

本拠地はスイスのラ・ショー・ド・フォンにあります。

この地は、パティックフィリップ、カルティエ、ジャケ・ドロー・・・他180社が集まる
世界で最も重要な時計産業都市の1つです。

数々の有名ブランドがこの都市に工場を持っておりますが、
市内中心に本社を置いているのは、ジラール・ペルゴのみです。

その建物も老舗の風格を感じさせる美しいヴィラです。

そして何より、日本との繋がりが深いことでも有名です。
ジラールの実弟のフランソワ・ペルゴは1859年に日本に渡り、
ここ横浜で時計の販売を始めております。

おそらく日本初のスイス時計の正規輸入代理店です。

こちらはペルゴが住んでいた横浜の古地図です。
しっかりF.Perregauxの名前が書かれております。
場所は現在の横浜中華街辺りだそうです。

ペルゴのデザインは大変美しく、アンティーク時計は美術品の様です。

現行モデルもジラールやフランソワの意を継いでおり、
アンティークらしさを残したデザインが多く、とても素敵なんですよ。

こちらは現行モデルです。

名作の1945年のタンギュラーを彷彿させるデザインです。

幕末の時代に遥々海を越えて持ち込まれたジラール・ペルゴは、
150年経った今も不動の地位を築いております。

揺ぎ無い信頼を築き上げたフランソワは、スイスのジラールの元へ戻る事無く
現在も横浜の外人墓地で眠っております。
没後の大正11年に、その功績を称えられ皇室から感謝状を贈られております。

これ程、日本の歴史に根付いた時計ブランドは無く
それが熱烈なファンの多い理由の1つかもしれませんね

実店舗:横浜駅より2つ目、関内駅1分
(写真をクリックすると地図が表示されます)
*ご来店の際は事前にご予約を頂いております。
予約はお気軽にどうぞ→ job@bj9.so-net.ne.jp
ネットショップは→  こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です