*きよみのアンティーク*ブログ

ジャガールクルト と ルクルト

こんにちは、店主です

たまには、時計店らしく時計の話を。

日本で時計と言えば、ロレックスやオメガが有名ですが、
実は、時計界の中では上記でさ中堅なのです。

エエーーー?!!

では、いったい何が最高級ブランドと言われてるのか・・・

パッテク・フィリップ

オーデマピゲ

バシェロンコンスタンタン

ランゲ&ゾーネ

ブレゲやピアジェも入るでしょうか

ジャガー・ルクルトも最高級ブランドの1つです。

きっと、聞いた事のない名前ばかりだと思います。

でも、ムーブメントも外装も、どれをとっても最高級品です。
どのブランドも銀座に店や代理店があり、正装したドアマンが扉を開け
ソファーで品定めと購入手続きをする様な、超一流ブランドです。

金額も「0」を指して数えなければ分からなくなってしまうほど。

アンティークも、仕入れるのも難しいほど高額です。

今回は上記の一流ブランドの中から比較的有名なジャガールクルトについて。

部品製造から組み立てまでを、自社で一貫して行う時計界でも
数少ないマニュファクチュールです。

店主が大好きな時計技師さんと、尊敬する時計技師講師さんの2人も、
一番好きな時計ブランドにシャガールクルトをあげておられました。

数ある理由の内の1つに「アンティークも現行品もカッコ良いから」と仰っていましたが、

確かに、そうなのです。

店主はハミルトンが好きなのですが、アンティークと現行品では
まるでデザインも違い、別ブランドの様なのです・・・・。

先日、銀座のWAKOでジャガールクルトのキャリバー101の現行モデルを
見たのですが、ショーケースに鼻をつけて見続けるほど可愛かったです。

日本では殆ど販売されてないので、実物を見れるのは銀座WAKOだけかと思います。
キャリバー101は、80年前の販売当時より現在まで、世界で一番小さなキャリバーです。

その小さな小さなキャリバーを乗せた、華奢で可愛らしいカクテルウォッチは
アンティークの雰囲気を持ちつつ、現行品ならではの新しさも兼ねています。

↓こちらがそのキャリバー 

そして、そのお値段・・・450万円なり。

驚くなかれ、キャリバー101のハイジュエリーの中ではお安い方です

↓こちらは3500万円なり 

・・・・もう、店主にとって天文学的価格です。

頭金2万円で、残り3万年ローンです・・・

過去に”ルクルト”を当店でも何度か販売しておりますが、
“ルクルト”は”ジャガールクルト”がアメリカ向きに製造した時計です。

ムーブメントの部品はジャガールクルトと全く一緒で、
組み立てのみアメリカで行っています。

同じモデルを販売することも多く、品質の違いも無いのですが、
ジャガーの文字があるのと無いのでは、お値段がかなり違います。

では何故そんなに価格が違うのか・・・・

ステイタスの違い・・・でしょうか。

実は店主にも良くわからないのです

でも、ミーハーな店主はジャガーが付くと無条件で

おお~っ !!!!

となります(笑)。

品質だけを考えれば、ルクルトの方が断っ然お買い得なので
そこは価値観等の違いで選ぶしかないのかな・・・と思います。

と言いいましても、アンティークは1点ものなので
ジャガールクルトでお気に入りを見つけたので、
それをお買い得なルクルトで買おう!と思っても探し出すのは
不可能なのです・・・・

逆もまた然りです。

なので、ほかのブランド同様に
その時計に縁を感じるか・・・が一番の決め手なのかな。

と店主は思います

ジャガー・ルクルトの歴史については →こちら に書かせて頂きました。 
宜しければ覗いてくださいませ

実店舗:横浜駅より2つ目、関内駅1分
(写真をクリックすると地図が表示されます)
*ご来店の際は事前にご予約を頂いております。
予約はお気軽にどうぞ→ job@bj9.so-net.ne.jp
ネットショップは→  こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です