*きよみのアンティーク*ブログ

James William Benson ジェームズ・ウィリアム・ベンソン

ジェームズ・ウィリアム・ベンソン(James William Benson)は1847年~1973年の間、イギリスを代表する高級時計メーカーであり金銀細工メーカーでした。
もともとベンソン・ファミリーは1749年から時計製造を家業としていましたが、1847年に兄のサミュエル・サックリー・ベンソンと共に「J.W.Benson Ltd」を立ち上げました。当時は懐中時計が主力でしたが、金銀細工メーカーとしても続けています。

ベンソンの社歴の中でも大きな転換は、イギリス海軍(Admiralty&War Department)の公式時計メーカーになったことが挙げられます。

イギリスに大きな貢献をしたことが認められ、後にビクトリア女王、プリンスオブウェールズ、デンマーク王室、ギリシャ王室、ロシア皇帝など、海外の王室でも数多くのロイヤル・ワラントを獲得します。そして王室御用達の宝飾メーカーとしても飛躍します。

1892年、生産向上の為に「蒸気動力付き時計工場」を設立します。ここでJ.W.Benson代表作となる懐中時計「The Field」、「The Bank」、「The Ludgate」の3つのメインウォッチを生産します。
1914年、ドイツによるロンドンへの大規模爆撃で工場は壊滅的な大打撃を受け、およそ12,000個の時計と工作機械が破壊され、メーカーとしての長い歴史に幕を下ろします。

時計販売事業と小売宝石商として経営を続けていくことになり、時計はオーデマピゲ、バーテックス(Revue)、シーマ / Tavannes、ロンジン、S. Smith&Sonsなどのメーカーが提供する高品質スイス製ムーブメントを搭載させた腕時計を販売するようになります。
現在、イギリス・ケースとスイス・ムーブメントのJ.W.Bensonの時計はコレクター・アイテムになっております。

1973年、最終的にJ.W.Benson Ltdはイギリス「クラウン・ジュエラー」の老舗「Garrard(www.garrard.com)」によって買収されました。

J.W.Bensonの特徴として挙げられるのは、

◇現存していないイギリスを代表する時計メーカーであること。

◇王室御用達の宝飾メーカーが作った9金ケースであること。

◇イギリス製ムーブメントを搭載していること。

◇後期型はスイス有名ムーブメントを搭載しており、イギリス・ケース&スイス・ムーブであること。

総じて希少性価値が高く、ぽってりとした、また武骨なイギリスらしいデザインが人気の時計であり、特に懐中時計は現在でも非常に人気が高いアイテムです。

========追記========

リングや銀食器などを扱う、金銀細工メーカーとしても有名でした。

 当時のイギリス国民の平均年収が55ポンドでしたので、
ベンソンの時計は高級時計であったことが解ります。
(下記広告は8ポンド~60ポンド)

ちなみに現在、日本時計輸入協会が「高級時計」と定義する価格は、
300万以上の時計からとされています。

**************************************

実店舗:横浜駅より2つ目、関内駅1分
(写真をクリックすると地図が表示されます)
*ご来店の際は事前にご予約を頂いております。
予約はお気軽にどうぞ→ job@bj9.so-net.ne.jp
ネットショップは→  こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です