*きよみのアンティーク*ブログ

セーフティーチェーン付け替え&着け方

今日はセーフティーチェーンの取付けをご紹介します。

今回は左側に付いていたセーフティーを
一般的な右側のセーフティーに付け替えましたのご紹介いたします。

こちらは、近年のジュエリーブレスレットで良く見るセーフティーで
アンティーク時計でも着けられているのをよく見かけます。

脱着時にチェーンが絡まないですし、とても簡単に留めらるのですが・・・

上記の様に2サイズで使えるクラスプ(留金)ですと、
どちらかしか使えず、使え無い方を使う時はプラーンとなってしまいます

せっかく2サイズ使えるクラスプですので、チェーンタイプに付替えました。

チェーンタイプは付ける際は少し面倒なのですが
脱着時の落下防止にもなりますし、着用時にクラスプが外れても
気付きやすいので安心です。

いつの間にか手首から外れて失くしてしまわれる方の多くが
チェーン以外のセーフティですので、やはり面倒を負ってでも
こちらの方が安心の様に思えます。

短め目のブレスですと、むしろとチェーンが有る方が
着けるのが楽だと個人的には思っており、その着け方をご紹介します。

この様にチェーンを掴み・・・

こうっ

5秒で着けれちゃいます。

でも、強く引っ張ると切れちゃいますのでご注意くださいませ

金無垢ベルトでしたらセーフティーをお付けできますので
お気軽にご相談くださいませ。
※現在チェーンは18金のみのご対応となります。
※他店購入品につきましては承っておりません。

アンティークは長く使わる中で様々な修復がされ
自分好みにカスタマイズされてる事が多いので
何か使い難い点が御座いましたら、お気軽にご相談くださいませ

******************************

実店舗:横浜駅より2つ目、関内駅1分
(写真をクリックすると地図が表示されます)
*ご来店の際は事前にご予約を頂いております。
予約はお気軽にどうぞ→ job@bj9.so-net.ne.jp
ネットショップは→  こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です