*きよみのアンティーク*ブログ

店主のキズミ

こんにちは、店主です

先日、業者間の宝飾展でステキなルーペを発見いたしました。

私達時計業界では゛キズミ ゛と呼んでおり下記の様な品です。

この様な感じで片目に着けます。

昔の職人さんですと、↑の様に目にギュッと力をいれて
その状態をキープしながら作業をし続ける方もおられます。

現在は頭に固定する専用の輪っかがあり、
使わない時は首に下げたり、おでこに置いたりします。

これが、ほぼ黒しかなく
「可愛くない」といつも不満に思っておりました。
(上記キズミもマニキュアのキラキラを塗るなどの、
涙ぐましい努力をしております・・・)

とにかく時計工具は地味なのです・・・

ネイリストさんの工具はピンクだったりフワフワが付いていたり
乙女が使うに相応しいデザインが多く、いつも羨ましく思ってました。

そんな中、見つけたのがこちら!!

じゃじゃーーーん、フルーテッドなキズミ

おんなじーーーぃ

『え?それ、フルーテッドと関係ないでしょ。』

って思いました?

ベゼルを意識したわけでは無く、
たまたまギザギザ模様だと。

いーえっ完全にベゼルを意識しております

もしや、他にもオシャレなキズミがあるの?と思い
ネットで検索しましたら、こんなのが・・・。

いやいや、オシャレが過ぎる・・・。

両目用もあるのかい。

裸に・・・それだけなのかい?

恐ろしく小さな細菌レベルも見えそうだけれど
目の前の現実はボヤけてしまうのかな・・・。

オシャレセンスの持ち合わせが無い店主は
「フルーテッドで十分・・・」と納得し
首から下げる輪っかを取り付けました。


因みに、先っぽのプラスチック部分は
ミャーオ君(宮尾君)お手製です。
痛くないし、髪が絡みません。

先日、時計学校で行われた文化祭でも学生が作って販売しておりました
時計士さんは手先が器用なので、色々な物を作るのですが、
それはまた、次の機会にでもご紹介しますね

●追記●
このブログを書いていて、ふと思ったのですが、
もしや、キズミは「傷見」でしょうか?

店主の頭の中では、
「イトーヨーカドー」くらいカタカナで「キズミ」でしたが・・・。

えーーーーぇ?!
そうだったら、すごい驚きですドーナノ?ソーナノ?
キズミを手にして約15年、開眼的な衝撃です。
*****************************

実店舗:横浜駅より2つ目、関内駅1分
(写真をクリックすると地図が表示されます)
*ご来店の際は事前にご予約を頂いております。
予約はお気軽にどうぞ→ job@bj9.so-net.ne.jp
ネットショップは→  こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です